レッスンのお申し込みはこちら

無料相談㉑周りが上手い人ばかりで不安です。

Aドラ 20代 男性

演技の経験ほぼ0で声優養成所に通ってから約4ヶ月になります。

他の生徒さんのレベルが高くて自分への劣等感とプレッシャーで押しつぶされる上に、講師の方から演技や基礎練習に焦りを感じるとよく言われます。

どうすれば余裕を持てますか?

N.N 10代 女性

演技経験なしで養成所に入ったのですが、周りのレベルが高くて自分だけ浮いてる気がします。

どうしたら周りの人のレベルについていけますか?

 

日向のアドバイス

今日はこの相談に答えようと思います。

まず、一言言わせてもらうね。

 

ちゃんと結果が出るまで努力できれば、逆転できるから大丈夫です。

 

ぼくが思う、

プロになれた子たちとなかなかなれない子たちの違いを書きます。

【プロになれた子たち】

✅最初からセンスがあって、その後も自分で分析しながら努力を続けている子

✅あまり上手ではなかったけれど、ちゃんと自分と向き合って着実に努力している子

【なかなかプロになれない子たち】

✅最初はセンスがあったけれど、自分は上手いと過信して、きちんと自分の弱点に向き合わず、成長が止まっている子

✅自分が上手くならないのは、他人のせいだと思っている子

もちろん、最初からセンスがある方が有利です。

けれど結局、その後に

自分の弱さと向き合えるか、ちゃんと努力し続けることができるか

この2つができるかによって、結果が大きく変わってくるんです。

 

センスがあっても、プロになれない子たちもいる。

AドラさんもN.Nさんも、

『自分が結果を出せないと思うから不安』なんです。

 

 

だったら方法は3つ

①自分で納得できるレベルになるまで、ひたすら練習する

②演技の上手さ以外のところで、他の人に勝てるものを作る

③目標を具体的に立てる

 

まず、①と②について。

 

「まだ下手かもしれないけれど、このクラスで誰よりも練習量では負けない!」

「やる気だけは誰にも負けない!」

「セリフを覚えてくるようには先生には言われてないけれど、よし、ぼくは覚えていこう!」

 

こんな風に考えて行動すると、

自然と『あんなにたくさん練習したんだから大丈夫!』と思えるようになってきます。

 

よっぽど変な先生じゃない限り、あなたがものすごく練習したことは伝わります。

練習量は評価してくれると思いますよ。

もし、それに気づかれなかったら…

『まだあなたの練習量が足りてない』ということです。

とりあえず、評価が変わるまでもっと練習してみましょう!

 

 

そして、③について。

 

先が見えないと不安ですよね。

学校の勉強と違って、演技にはテストの点数などわかりやすく判断するものがありません。

だったら、自分で目標を立てて、プロになるまでのルートをしっかり決めてしまうんです。

 

例えばこんなかんじ。

「1年後の査定で上のクラスに上がる。そのために今から、自分の強みを作る。」

「具体的には、ジャンプの主人公みたいに、パワフルでキラキラした役を得意にする」

「1年後までに、今売れているジャンプ作品全部を見て、研究する」

「熱量をアップさせるために、声量を上げる」

「運動をして、格闘シーンをリアルに演じられるようにする」

 

目標をしっかり具体的に立てることで、今何をしなければいけないかがはっきり見えてきます。

 

あとはひたすら練習するだけ。

頑張って。

 

日向に質問や相談をしたい人はここに送ってね。

無料相談はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です